植村花菜

■植村花奈 KANA UEMURA

2001年10月「服部良一記念大阪音楽祭ザ・ストリートミュージシャン・グランプリ'02」に出場し、1200人の中から見事グランプリを獲得。2005年5月11日、シングル「大切な人」でメジャーデビュー。2010年3月にリリースしたミニアルバム『わたしのかけらたち』に収録された「トイレの神様」が各方面で驚異的な反響を呼び、「日本レコード大 賞」で優秀作品賞と作詩賞のW受 賞。「NHK紅白歌合戦」への初出場も果たす。さらには、オリコンウィークリーチャートで2週連続の1位、 着うた・PCの配信チャートでも月間1位を獲得し、2011年 着うたフル(R)上半期チャートでも1位を獲得。新曲「輝く時間(と き)の中で」が10月よりテレビ東京系ドラマ『水曜ミステリー9』のエンディング曲として起用され、2014年1月29日シングルとしてリリース予定。透明感溢れる歌声と親しみのあるキャラクターで、多くの人々を魅了し続けている。