C.F.マーティンギター製品ラインナップカタログ



トリプルオゥ・ボディ

ドレッドノートに次いで数多くのプレイヤーに支持されているボディ・サイズ、別名オーディトリアム(公会堂の意味)モデル。000(トリプル・オゥ)モデルが初めて登場したのは1902年のことで、その後ドレッドノートモデルが登場するまでは、マーティンギターで最も大きいサイズのモデルだった。このサイズならではの低音域から高音域までのバランスと音の立ち上がりの良さ、繊細なトーンニュアンス、ドレッドノートよりも13mmほど短いスケールが実現する程よいストリング・テンション等、生音の美しさを忠実に再現しやすく根強いファンを持っている。

★ 代表モデル:000-28 / 000-28EC / 000-42 / 000-15SM / 000-16GT


⇒ ギターカタログトップへ